SUMITOMO

住友建機の役に立つ情報誌「POWER」

【Vol.120】建設機械を使う作業の危険性徹底分析と安全への道

建設業ではいまだ年間367人もの尊い命が失われている(平成24年)。

生産額などは全産業の8?9%程度の規模だが、死亡災害になると全産業の約3分の1をも占め、建設業は死亡災害多発業種とよばれている。

特に、土木工事では建設機械がからんだ作業での死亡災害があまりに多い。

各社、安全対策に努力しているはずだが、事故の内容を分析してみると意外な盲点が見えてくる。

安全対策のどこに落とし穴があるのか。それを知ることが、重機災害を防ぐ決め手だ。


イラストは、すべて公益社団法人建設荷役車両安全技術協会提供
・1999SACL

重機による事故対策6つの盲点

1 土木工事で最も死亡災害が多いのは重機の稼働時ではなく移動時。
●重機は、掘削、整地等、何か作業をしている時よりも、現場内の単なる移動、段取り替え等、直接作業をしていない時の死亡災害が多い。●バックホウは旋回している時よりバックした時の方が危険。●リスクが低いと思われている作業の中にもリスクが高いものが潜んでいる。
2 バックホウは旋回、後退時だけでなく、前進時にもリスクがある。
●後方、側方に死角が多いのはもちろん、前進時であっても、オペレータはキャタピラの接地面を直接見ることができないなど、安全確認が十分にできない。●この程度なら大丈夫という危険軽視が事故につながる。●複数の重機を近接して行う作業、狭隘部での作業は危険と隣り合わせ。
3 重機の作業半径内をバリケードなどで囲うだけではリスクは十分に下がらない。
●立入禁止区域をバリケードなどで囲うのは危険源を明示しているだけ。●人間は危険軽視の気持ちや、近道・省略行動本能などにより、「ちょっとの間なら大丈夫」と、重機の作業半径内でも平気に立ち入ってしまう。●バリケードに加え、監視員を配置し「何人たりともそこに立ち入らせない」と目を光らせる措置を講じてこそ立入禁止措置になる。
4 人間の注意力には限界がある。このことを肝に銘じる。
●労働災害に大きくかかわっているヒューマンエラー。●人間の注意力には限界がある。作業に集中すればするほど安全には注意が向かなくなる。●人力で締め固め作業をしている人にはローラーの警報音は耳に入らない。
5 安全装置が付いていてもそれを機能させなければ意味がない。
●クレーン機能付きバックホウでの荷上げ作業。作業効率を優先させ旋回速度を落とさないようクレーンモードに切り替えずに荷揚げ作業を行う違反行為がある。●ここにも、オペレータが「これくらいなら大丈夫」と危険を軽視し、つい不安全行動をする場面が見受けられる。●進化する機械の機能を完全に生かすことが本質的な安全対策。
6 「工期一番、安全二番」では誰も二番の安全のことを考えなくなる。
●工期を厳守しようとすると、安全は二の次になってしまう。●「安全と施工は一体である」という信念を現場リーダーが持つことが大切。そうすることにより、作業員が「現場リーダーに従おう」という気持ちが芽生え、基本ルールを守ろうとする行動につながる。

1 土木工事で最も死亡災害が多いのは重機の稼働時ではなく移動時。

この50年間で、建設業における労働災害は80%以上も減少しました。とはいえ建設業が事故の多い産業であることに変わりはなく、平成24年のデータによると、死傷者数は全産業の20・1%、死亡者数は33・6%を占めています。このうち、土木工事では建設機械を使った作業での死亡災害が多発しています。

平成16?18年のデータによると、重機の移動等(トラック等運搬作業含む)で67人も亡くなっており、これが死亡災害の多い作業の1位です。皆さんが危険だと思っているクレーン、バックホウ等による荷揚げ・荷下ろし等(48人、3位)や、掘削(36人、4位。注=土砂運搬を除く)、舗装(26人、6位)、整地・敷き均し・盛土(24人、8位)などよりずっと多いのです。

具体的には、

  • 仮置きしていたバックホウが邪魔になったので、これに乗り込んで動かそうとしたところ、路肩が一部崩れ、バックホウが約4メートル下の谷川に転落
  • トラックへのバックホウ積み込み作業中、荷台から道板が1枚外れてバックホウが転倒、作業者がバケットの下敷きに
  • 作業終了後、道路を開放するために、バックホウを空き地まで移動させていた際、交差点を左折したところで誘導員が挟まれた

といった死亡災害が発生しています。こうした作業は、作業中ほどの危険性を認識していないため、油断が生じてしまうのでしょう。

油断しがちということでは、測量・写真撮影等で23人(9位)、重機等の点検・整備等作業で11人(16位)が亡くなっている点にも注意しなければなりません。

測量や写真撮影をしている人が重機に背を向けていたため、後退してきた重機に気付かずに轢かれてしまう。バックホウのエンジンを始動させて状態を確認している際、突然、バックホウの一部が動き出し、修理していた作業員が災害に巻き込まれる。こんな事故が意外に多いのです。

建設機械の中でも、ほとんどの現場で使われるバックホウ関連の事故が多いのは当然ですが、その動作別死亡者数を見ても意外な結果が出ています。掘削作業では、バックで轢かれた事例が35人と最も多く、旋回等による災害の17人(2位)を大きく上回っており、荷揚げ・荷下ろし作業でも、1位は転倒によるもの20人、2位は吊り荷の傾き・落下等13人で、旋回時の接触等は8人で3位です(いずれも平成13?18年のデータ)。

バックホウで最も危険なのは旋回時ではないわけです。というよりも、危険性の高さを認識している作業には十分な注意を払っているから事故率が低くなっていると言えるでしょう。

リスクが低いと思われている作業の中にも、実はリスクが高いものがあるところに安全対策の落とし穴があります。単なる移動であっても危険が潜んでいるのだということを、ぜひとも肝に銘じていただきたいものです。

バックホウは旋回、後退時だけでなく、前進時にもリスクがある。

掘削作業で、バックホウによる死亡災害が圧倒的に多いのは、後退時に作業員を轢いてしまう事例です。とくに敷き均し・整地作業での事故が目立ちます。作業員がバックホウの行動範囲内で作業しなければならないことが主な原因でしょう。旋回時、側方・後方にいる作業員や、通り抜けようとする作業員が被害に遭う事例も多くなっています。

オペレータの死角が多い後方、側方の危険度が高いのは言うまでもないことです。では、前進時はどうでしょう。前はよく見えるので危険性が低いと思っていないでしょうか。これが大きな間違いで、前進時、機体前方の安全確認が十分にできるとは限らず、道路を移動中、バックホウが路肩に寄り過ぎてしまい、路肩から転落するという事故が少なくありません。排土板を用いた土砂の押し均し作業は、アームを斜め前方に向けて行いますが、この場合もアーム側前方の確認が困難です。

つまり、バックホウを動かしているときは、どんな状況であっても危険だという意識を、オペレータも作業員も持たなくてはいけない。怖いのは、この作業なら大丈夫と思ってしまうことです。

盛土作業では、盛土から下りようと斜面を移動する際の転倒災害が多発しています。アームを持ち上げたまま斜面を移動するため機体のバランスを崩してしまうからです。

機体の安定を保たなくてはいけないことを、オペレータはよく承知しています。だから、アームを持ち上げた状態で山の斜面を下りるようなことはしません。ところが、緩やかな傾斜の盛土なら危険はないと勝手に解釈し、アームを下げる労を惜しむ。どんな斜面であっても、斜面は斜面であり、バランスを崩しやすいことに変わりはないのです。

クレーンもそうですが、機体の安定を保てるギリギリの状態と転倒する状態との差は紙一重です。いったんバランスを崩せば、どんなに優秀なオペレータでも止められません。

これなら行けるという過信が重大な事故を招きます。

複数の重機が近接して行う作業や狭隘部での作業も危険と隣り合わせです。

  • すぐ近くで他の重機が動いているのに、オペレータが不用意に運転席から出て、その重機に巻き込まれる。
  • バックホウとトラックが土砂積み込み作業をしている際、手元作業員、トラック運転手、誘導員がバケットとトラックの間に挟まれる。
  • 坑内や水路内で小型バックホウを動かしていたオペレータが、切梁、既設構造物などと運転席に挟まれる。

といった事故が起こっています。いずれも、周囲の状況に注意を払っていれば防げた事故です。何よりも重要なことは、いつ、どんな状況で何が起こるのか、オペレータや作業員に認識させることだと思います。それが周知徹底していれば、過信や油断が生まれることも少なくなるはずです。

3 重機の作業半径内をバリケードなどで囲うだけではリスクは十分に下がらない。

工事現場では、重機の作業半径内を立入禁止にします。A型バリケードなどを設置して、そこから先へ入らないようにしているから大丈夫と思っていないでしょうか。ここにも、安全対策の盲点があります。

バリケードを設置するのは、「そこまでが重機の作業半径ですよ」と、危険源を明示しているだけのことで、リスクを許容水準以下にまで下げることはできません。なぜならバリケードは、それをまたげば簡単に進入することができてしまいます。

人間には危険を軽視する気持ちや近道・省略行動本能という困った習性があります。この本能は、効率的に物事を進める面がある一方、「面倒だ」と感じると、自分勝手に不安全な行動、基本ルールを守らない違反行為をしてしまいます。このため、たとえ重機の作業半径内であろうと、そこが近道であれば通ってしまいます。

立入禁止措置を徹底させるには、バリケードに加え監視員を配置し、厳しく目を光らせることです。厳しくというのが重要なポイントで、監視員に他の仕事を兼務させていると目が行き届きません。また、どうしても近道したい作業員に懇願され「今日は特別だよ」と許すようでは、せっかくの安全対策が骨抜きになってしまいます。

とりあえず誰かに監視させようという安易な発想ではなく、安全意識を叩きこんだ人を専任の監視員にすることです。監視員が「融通のきかない奴」と言われるような対応ができてこそ本当の安全対策になります。

十分な教育が必要なことは誘導員も同様です。整地・敷き均しのように広い範囲で仕事する作業では、いつバックホウが後退してきて作業員に近付くか分かりません。そのため、誘導員を付けて安全を確保するわけですが、バックホウについての知識が乏しい人に適切な誘導を期待するのは無理です。

バックホウがどんな動きをするのか分からず、誘導員自身が轢かれるケースすらあります。どういう状況でどんな動きをするのかを教え、こうした場合の立ち位置はここ、というルールが徹底されていなければ、誘導員の役目を果たせません。

町中に立って歩行者を誘導している人たちは、誘導専門の会社から派遣されていて、一定の教育を受けています。それは自分たちの安全を守るためでもあるのですが、工事現場では、普段、土工事をしているような人が「お前、今日はダンプの誘導をしてくれ」と言われるのは、ごく普通のことです。

誘導は誰にでもできると考えているから、何の教育もせずに誘導員にしてしまう。この認識を改めることです。

製造業の世界では、工員が機械に手を入れて負傷することがないよう、手を入れると自動的に機械が停止する対策を講じています。工事現場で、この物理的防御に代わるのが監視員であり、誘導員です。十分な教育をして仕事させれば必ず事故は減ります。

住友建機の役に立つ情報誌「POWER」
「POWER」をご覧になりたい方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

住友建機の役に立つ
情報誌「POWER」