SUMITOMO

会社案内

沿革

1963年 住友機械工業(株)[現、住友重機械工業(株)]に建機事業部を新設。
ショベルおよびクレーンについて、米国のリンク・ベルト社(現、FMC社)と技術提携。
住友機械工業(株)の全額出資により、建機の国内総代理店として販売会社(販社)の“住機建設機械販売(株)”資本金1億円にて設立。
1964年 「住友ーリンク・ベルト」ブランドにて機械式ショベル、機械式トラッククレーンの販売を開始。
1967年 油圧式ショベルの販売を開始。
1969年 販社の社名を“住友重機械建機販売(株)”に改称。
1970年 油圧式トラッククレーンの販売を開始。
1972年 リンク・ベルト社と共同開発協定を締結し、国際分業体制を確立。
1974年 愛知労働基準局長より車輌系建機の教習機関の認可を受ける。
1975年 千葉工場を新設し、油圧式ショベルの製造を増強。
1976年 FMC社へ米国市場向けに、当社製油圧式ショベルを輸出。
1983年 販社の社名を“住友重機械建機(株)”に改称。
販社に海外営業部を設置するとともに、住友重機械工業の海外本部建機営業部を移管し、建機販売の一元化を実施。
千葉教習センターを開所。
1986年 米国に「リンク・ベルト・コンストラクション・イクイップメント社(LBCE)」を設立し、米国市場へ本格的に進出。
住友重機械工業(株)建機事業本部を分社し、住友建機(株)を設立。
住友建機(株)が販社、住友重機械建機(株)を合併し、製販一体の建機専業会社となる。
1991年 新居浜事業所を新設。
英国にJCB社との合弁会社「JCB-SCM Limited(JSL)」を設立。
欧州市場に本格的に進出。
香取試験場を新設。
1992年 米国ケース社に油圧式ショベルをOEM供給する契約を締結。
1998年 新居浜工場を閉鎖。
英国JCB社との合弁を解消し、米国CASE社とのGLOBAL ALLIANCEに調印。海外でのショベル製造・販売を目的としたLBX社を設立。
1999年 国内7ブロックに直系販社を新設し、国内販売体制を確立。
2001年 住友建機(株)住友建機販売(株)住友建機製造(株)住友重機械建機クレーン(株)に分社化。
2002年 (株)新潟鐡工所のアスファルトフィニッシャ事業を買収。
2004年 中国に販売会社「住重中駿(厦門)建機有限公司」を設立。
2007年 2005年米国で発生したハリケーンの被災者支援について日本国天皇より表彰を受ける。
油圧ショベル「LEGEST」(SH200-5、SH240-5)が「グッドデザイン賞」受賞。
2008年 油圧ショベル「LEGEST」(SH200-5)が経済産業省主催「省エネ大賞」受賞。
2009年 中国河北省唐山市に製造工場 住友建機(唐山)有限公司を設立。
2010年 インドネシアにアセアン地区の販売会社「住友建機サウスイーストアジア」を設立。
2011年 インドネシアに製造工場「住友建機インドネシア」を設立。
2014年 油圧ショベル「LEGEST」(SH200-6)が「優秀省エネルギー機器」(日本機械工業連合会)を受賞。
CNHi社と油圧ショベルに関して技術供与など提携強化を公表。
油圧ショベルSH135X-6が「グッドデザイン ベスト100」に選定。
さらにFVM(フィールド ビュー モニター)が「グッドデザイン賞」受賞。
2015年 千葉にサービストレーニングセンターを開所。
2017年 大阪教習センターを開所。
2018年 名古屋にICT研修センターを開所。
油圧ショベル「LEGEST」(SH200-7)が「優秀省エネルギー機器」(日本機械工業連合会)を受賞。