メニュー
大阪労働局長登録教習機関
住友建機教習所 大阪教習センター

フルハーネス型墜落制止用器具使用作業特別教育

建設業等の高所作業において使用される「安全帯」について、以下のように改正されました。

  1. 安全帯を「墜落制止用器具」に変更。安衛令の改正
    「安全帯」の名称が「墜落制止用器具」に変更になります。
    「墜落制止用器具」として認められる器具は胴ベルト型(一本つり)、ハーネス型(一本つり)です。
  2. 墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則となります。
  3. 「安全衛生特別教育」が必要です。

平成31年2月1日施行のフルハーネス型墜落制止用器具の使用に対応する特別教育になります。

6時間の全科目講習になります。受講修了された方には修了証を即日発行いたします。

当教習センターは短縮コース(2.5Hコース)は実施しておりません。

この資格で可能な主な業務

  • 墜落の危険がある作業のうち「特に危険性の高い業務」を行う労働者
    「特に危険性の高い業務」とは、高さが 2 m 以上の箇所において、作業床を設けることが困難な場合で、フルハーネス型を使用して行う作業(ロープ高所作業を除く)などの業務をいいます。

6H コース

受講資格 満18歳以上の健康な方
日数 1
料金 10,500 円(税込)4 月以降は 11,000 円(税込)
人材開発支援助成金 経費+賃金
必ず支給条件を確認してください
申込書 申込書ダウンロード
講習日程 残席
2020
3/2 締切
3/30 2 予約する
4/20 多い 予約する
5/25 多い 予約する
6/13 多い 予約する
6/25 多い 予約する
7/22 多い 予約する
8/19 多い 予約する
9/23 多い 予約する