SUMITOMO

ニュースリリース

衝突軽減システム搭載・お知らせ機能付周囲監視装置「FVM2+(プラス)」発売

2020年4月21日

 住友建機株式会社は、油圧ショベルのオペレーターの周囲安全確認をサポートする、衝突軽減システムを搭載したお知らせ機能付周囲監視装置「FVM2+(フィールドビューモニター2プラス)」を、20tクラス標準機SH200‐7のオプションとして発売しました。
 「FVM2+」は、3Dセンサーを活用した反射物検知方式により、危険エリアにいる安全ベストを着用した人を検知して、走行および旋回を自動減速、停止させる機能です。
 住友建機は、2011年に3台の車載カメラの画像を合成したワイドな後方視界を俯瞰画像によりひと目でカバーする「FVM」、2017年には、それらの画像を解析して機械周辺の人の形を認識して人が居ると判断した場合に、モニター画面への表示とお知らせアラームでオペレーターに注意を促す「FVM2」を市場に投入、オペレーターの安全確認サポートの分野にいち早く取り組んできました。今回、機械周囲の「人」の安全に着目し、機械を自動で減速・停止する「FVM2+」を開発、油圧ショベルの接触事故リスクのさらなる低減に貢献します。

1. オプション設定機種

SH200-7/SH200LC-7

2. 特長

危険時に機械が自動で減速・停止

  1. 旋回・後進・走行中に一定の範囲内で安全ベストを着た人を検知すると、機械が自動的に減速・停止します

高精度な警報を実現

  1. 反射物検知方式により、安全ベストを着た人を検知します
  2. 埃や雨などによる誤検知を低減しています
  3. 盛土などでは作動せず、安全性と作業効率を両立しました

周囲270度をワイドカバー

  1. 機械の後方周囲270度のワイドエリアに対応しています
  2. 斜め後方など視認性の悪い危険エリアへの走行も考慮しました
  3. 外部アラームで周囲の作業者にも警報します

状況をひと目でチェック

  1. 実際のカメラ画像で作動状況をひと目で確認可能です
  2. 対象者との距離に応じ2段階で表示します(黄色矢印:減速エリアと赤色矢印:停止エリア)
  3. 昼夜を問わない見やすいモニター表示を実現しています

ウェブ画面で現場の安全管理をサポート

  1. G@Nav(ジーナビ)上で作動履歴をリアルタイムで確認可能です
  2. 作動した場所や状況を地図上に表示、現場での危険の発生リスクを見える化しました

3. 発売価格

新車販売時のオプション価格 2,200千円(税別)

4. 販売目標台数

年間100台

■後進・走行時の制動イメージ
■旋回時の制動イメージ

以上