SUMITOMO

ニュースリリース

インドネシア工場の生産能力増強について

2019年10月3日

住友建機株式会社は、2011年にアセアン市場への製品供給を目的に世界3番目の工場としてインドネシア工場を開設しました。当初の年間生産能力は油圧ショベル1,000台規模としてスタートしましたが、以降販売台数の増加に合わせて生産台数を伸ばし、2018年度は年間約1500台規模の生産実績となり、生産能力は上限レベルに達しています。また他の工場である千葉工場、中国工場共に、生産台数が逼迫している現実から、すでに拡張用敷地を確保しているインドネシア工場に33百万USドル(107円/ドル換算で約35億円)を投資して、生産能力増強をはかります。

投資対象 インドネシア共和国 西ジャワ州 カラワン県
PT. SUMITOMO S.H.I. CONSTRUCTION MACHINERY INDONESIA
投資額 約35億円
投資内容 建物  18.7百万USドル(約20億円)
設備他 14.3百万USドル(約15億円)
投資時期 2019年10月
増強後生産能力 2,500台(年間)
新工場生産開始 2021年1月
(インドネシア工場外観)

以上