SUMITOMO

ニュースリリース

大型特殊自動車ツールボックス(工具箱)の点検義務化のご案内

2018年10月15日

対象機種:HA60W-10、HA60W-8、HA60W-3

国土交通省は、車両総重量8トン以上の大型自動車に備えるスペアタイヤ及びツールボックスを新たに定期点検の対象に加えるべく、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)に基づく「自動車点検基準」(昭和26年運輸省令第70号)を改正し、2018年10月1日より、施行となりました。
従いまして、住友建機の上記販売対象機のツールボックスにおきましては、3ヶ月毎の定期点検が義務付けられました。(なお、スペアタイヤは、当社が販売した車両には、未装着のため、対象ではありません。)
ツールボックスの落下は、交通の妨げとなるばかりではなく、重大な事故を招く恐れもありますので、事故防止のため、確実な点検・整備を実施して頂き、点検結果につきましては、必ず、点検整備記録簿に記入をお願いします。
すでに、ご使用して頂いております、点検整備記録簿には、手書きで追記をお願いします。

点検項目

  • フロアなど、車両に取付けられた、ツールボックスの取付部の緩み及び損傷。

実施方法

  • ツールボックスの取付部に緩みがないかをスパナなどにより点検します。
  • ツールボックスの取付部に損傷がないかを目視などにより点検します。

対象箇所(例)

HA60W-10



HA60W-8