SUMITOMO

ニュースリリース

米国LBX社 デモ・トレーニングセンターの建築について

2018年7月10日

 住友建機株式会社の米国販売子会社である、LBX社は、ケンタッキー州に油圧ショベルの製品デモンストレーションやセールス・サービストレーニングに使用する、デモ・トレーニングセンターを建築します。現地でレキシントン市長、ケンタッキー州、レキシントン市政府関係者などをご来賓に迎え起工式を行いました。
 LBX社は、住友建機株式会社が100%出資し、米国・中南米でリンクベルト(Link-Belt)ブランドの油圧ショベルや、油圧ショベルベースの林業仕様機、解体仕様機、マテリアルハンドリング機などを販売しています。これら機械の販売拡大に向けて、お客様・代理店様向け各種機械のデモストレーションや、代理店様のセールス・サービストレーニングに使用頂ける施設を建築します。デモンストレーションでは、今後増加が予想されるICT建機の実演操作も可能です。
 LBX社は米国・中南米で油圧ショベルの販売台数が増えていることや、排出ガス規制対応技術の高度化、林業仕様機や解体仕様機に代表されるように建設機械のサービス業務の複雑化に対応し、メーカー直系の販売会社が持つ高い知識や技術力を営業やサービスネットワークの前線まで広く浸透させ、より一層の顧客満足度の向上をはかります。

施設概要(名称 LBX Customer Experience Center )

 所在地   米国ケンタッキー州 レキシントン市
 着工   2018年7月
 完成予定   2019年 春
 敷地面積   101,150m²
商品デモエリア(ギャラリースタンド)、実習棟、シアター、教室、応接室、ギフトショップ、カフェテリア

「完成予想図」
「起工式の模様」