SUMITOMO

ニュースリリース

ロード・ローラのリコールについて

2016年11月4日

日頃は弊社製品をご愛用頂き誠にありがとうございます。
11月4日、ロード・ローラのリコールを国土交通省に届出ましたので、お知らせします。
ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございません。

リコール概要

1. 不具合の部位(部品名)

電気装置(リレー)

2. 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ロード・ローラの電気回路において、電源リレーの選定が不適切なため、リレーとリレーホルダの嵌合力が不足している。そのため、走行時等の振動によりリレーとリレーホルダの嵌合が甘くなり、一時的に電源供給がたたれてフェールセーフが働き、エンジン出力が制限され、最悪の場合、リレーがホルダから外れて電源が供給されず、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

3. 改善措置の内容

電源リレー(3個)を対策品に交換する。

4. 対象機種

  • HM125H-3  HCMTBBA0L00050104~HCMTBBA0J00050121 (平成26年12月9日~平成28年3月10日)

5. 対象台数

4台